スマホのバッテリーを交換する

スポンサーリンク

数年後、ほぼバッテリーが膨らんできたり、充電の雰囲気がおかしくなりますよね。

普通に使っている限り、最初に壊れるのはバッテリー周りからではないでしょうか。

自分で交換したくなりますよね、カメラやCPUなど他は全く問題ないのですから。

ベンダーやキャリアのOSのアップデートが終了したとしても、Lineage で更新していきましょう。

LineageOS – LineageOS Android Distribution

Android 端末は、いろんなことができるパソコンレベルの能力を持ったデバイスなのですから。

道具

4-5台交換してきましたが、以下は必須と思われます。

– 精密機器用のドライバーのセット
– プラスチックのヘラ

スマホをばらすには六角の形状のドライバーが必要。



あと、内部の固定に両面テープが使われてること多いですので、基盤など傷つけない薄いヘラが必要になります。

数枚あると、差し込んだままゆっくり剥がしていくことができます。

あと、私はこれが欲しい気はしています。




iOpenerの利用方法 – iFixit Repair Guide


なくてもいまのところはいけてますが欲しい小道具ではあります。

動画を見る

新端末のローンチと同時に不必要なバッテリー交換だけでなく、リペア系の動画をアップする人や企業はたくさんいます。

手順だけでなく、自分の手先の器用さや必要工具の有無など間違いなく見て置いたほうがいいでしょう。


Android Repair – iFixit

Battery Replacement – Android Forums at AndroidCentral.com

バッテリー交換のために、分解するとこ、しないとこをはっきり見極めておく必要があります。

私は、配線を引きちぎってしまい 非接触充電 (Qiなど) が利用できななくなったことがあります。

バッテリーを探す

購入できるその端末のバッテリーを探します。

Cell Phone Replacement Batteries | Amazon.com

Amazon.co.uk: replace – Batteries / Accessories: Electronics & Photo

海外のサイトでは、安く購入できますが、基本、バッテリーの海外からの輸入は制限されている雰囲気です。

ヤフオク、メルカリ、アマゾン日本 などがいいでしょう。
大体、2000円くらいでしょうか。



初回は、道具付のセットがいいかもしれません。

作業する

動画や手順サイトをみながら、思い切って行きましょう、どっちみち捨てる運命だった端末です。

ネジ山を潰したときのしょんぼり感は格別でしたが、次の動画をヒントにゴムの代わりのセロテープで乗り切ることができました。



そんな、Nexus6 のバッテリー交換の風景です。



まとめ

実際は、古い端末を活かしたとしても、いまどきのアプリの負荷に能力が耐えられず、イライラが爆発するのは、Android OS 5.x をベースとした Amazon Kindle HD のモッサリ動作を経験した方なら想像できるでしょう。

しかし、貧乏性の私たちは、「使わないが使える物」を捨てることができません。