ターミナルで Github Contributions Calendar を見る

スポンサーリンク

Github でどんだけ貢献しているか見る草.

Viewing contributions on your profile – User Documentation

みなさんもきっとこれをコマンドラインを使ってターミナルなどで見たくないと思います.

そこで, ふと, 思い出したフレーズ.

ここまで見てきたように、Rxを入れたからといってすべてのクリックイベントをObservableにすべきかというとそうではなく、状況に応じてListenerとObserverとPub-subを使い分けるのが良いです。ここに書いたパターンがすべてではありません。どういう場面で何を使うべきかはユースケースに依存するので、Jakeが言うようにたくさんコードを書くしかないとのことです。

Rxのビューバインディングのパターン – Qiita

どんだけ書いているか見てみましょう.

JakeWharton (Jake Wharton)

複数のプロジェクトで結構書いてます.

PHPで.


<?php

define('USER_NAME',         'JakeWharton');
define('URL_CONTRIBUTIONS', 'https://github.com/users/%s/contributions');
define('REGEX_PARSE',       '|data-count="(.*)" data-date="(.*)"/>|U');

date_default_timezone_set('Asia/Tokyo');

$svg = file_get_contents(sprintf(URL_CONTRIBUTIONS, USER_NAME));
preg_match_all(REGEX_PARSE, $svg, $matches);

if (count($matches[1]) !== count($matches[2])) {
    echo 'not match two size!!';
    exit;
}

$data = array_combine($matches[2], $matches[1]);

//var_dump($data);

foreach ($data as $date => $count) {
    echo sprintf('%s % 2s %s',
                 date('Y-m-d D', strtotime($date)),
                 $count,
                 str_repeat('*', $count));
    echo "\n";
}

グリッドなグラフでみたほうが全然見やすいですね.