君たちの WordPress は shellshock 対策をしたのか!?

LINEで送る
Share on Facebook
Pocket

スポンサーリンク

実質, ウワモノのPHPスクリプトで動くブログパッケージの問題ではないですけど.

Shellshock_-_Nam_'67

Troy Hunt: Everything you need to know about the Shellshock Bash bug

サーバとかよく分からず, ウワモノの WordPress のみで頑張ってる人はプラグインとかありますわ.

チェッカーとして使えます.

入れたらボタン押すだけ.

プラグインを追加_‹_新___android_ファッション通信_Σ_^A^;__—_WordPress

Shellshock_Vulnerability_Check_‹_新___android_ファッション通信_Σ_^A^;__—_WordPress

bash アップデート後にやってみたので, 問題なし.

Shellshock_Vulnerability_Check_‹_新___android_ファッション通信_Σ_^A^;__—_WordPress 2

WordPress › Shellshock Check « WordPress Plugins

詳しいことはよくわからないけど, ここらに書いてる.

CVE-2014-6271

CVE-2014-7169

サーバ内に入れる人は以下で「VULNERABLE」と表示されたらアウト, と.

ほとんど該当してるんじゃないかと思うけど.

env x='() { :;}; echo VULNERABLE' bash -c 'echo hello'

対策は, bash をアップデートするだけ.

yum update bash
apt-get install --only-upgrade bash

対策(アップデート)前だと,

# env x='() { :;}; echo VULNERABLE' bash -c 'echo hello'
VULNERABLE
hello

対策(アップデート)後だと,

# env x='() { :;}; echo VULNERABLE' bash -c 'echo hello'
hello

らしい.

環境変数から, bashコマンドを実行するようです.

ちと, さきほどのPHPで書かれたWPプラグインのコードを見てみる.

以下抜粋.

// CVE-2014-6271
$env = array('SHELL_SHOCK_TEST' => '() { :;}; echo VULNERABLE');
$desc = array(
    0 => array('pipe', 'r'),
    1 => array('pipe', 'w'),
    2 => array('pipe', 'w'),
);
$p = proc_open('bash -c "echo Test"', $desc, $pipes, null, $env);
$output = stream_get_contents($pipes[1]);
proc_close($p);
if (strpos($output, 'VULNERABLE') === false) {
    return false;
} else {
    return true;
}

// CVE-2014-7169
$desc = array(
    0 => array('pipe', 'r'),
    1 => array('pipe', 'w'),
    2 => array('pipe', 'w'),
);

$p = proc_open(
    "rm -f echo; env 'x=() { (a)=>\' bash -c \"echo date +%Y\"; cat echo", 
    $desc, $pipes, sys_get_temp_dir()
);
$output = stream_get_contents($pipes[1]);
proc_close($p);

$test = date('Y');

if (trim($output) === $test) {
    return true;
} else {
    rerun false;
}

true となれば, アウチサバ.

このプラグイン的には,PHPの関数「proc_open()」を使ってやってようですが, 他にもあるはず, shell 実行系の関数.

...
- system — 外部プログラムを実行し、出力を表示する
- exec() - 外部プログラムを実行する
- passthru() - 外部プログラムを実行し、未整形の出力を表示する
- popen() - プロセスへのファイルポインタをオープンする
- escapeshellcmd() - シェルのメタ文字をエスケープする
- pcntl_exec() - 現在のプロセス空間で指定したプログラムを実行する
- バックティック演算子
...

PHP: system – Manual

アプリ開発者 vs サーバ管理者で「おまえらがやれよ」とか不毛なことになったり,

大した理由もなしに, LLからshell叩くようなアプリを作ってたり.

 なお、ソースコードからのコンパイルではなく、ディストリビューターが配布しているbashパッケージを導入すれば、CVE-2014-6277/6278として報告されている脆弱性以外は影響を受けない事実を確認できたことも併せて発表している

ニュース – 「ShellShock」は公式パッチでは不十分、JPCERT/CCが追加の注意喚起:ITpro

Shellshockの影響が及ぶケースをまとめてみた – piyolog

けどまあ, それぞれ, いろいろな事情があったりして, いろんなレイヤーで対応策を知ってたほうが, きっとうまくいくだろうと.

LINEで送る
Share on Facebook
Pocket