【Android】Kotlin でモダンな concurrency その4

スポンサーリンク

Channel を使ってコールバック不要に

Channel の定義 (JetBrains のドキュメントより):

Channel は、概念的に BlockingQueue とよく似ています。主な違いの一つは、Put の代わりに「送信中断」をを持ち、Take の代わりに「受信中断」を持つことです。

Blocking Queues

Actor

Channel をシンプルに使えるツールが Actor です。

Actor は Handler と非常によく似ており、コルーチンのコンテキスト(つまり、アクションを実行するスレッド)を定義し、シーケンシャルに実行します。

コルーチンを使っており、キャパシティを決めて実行を中断することができます。

Actor は基本的に、処理をコルーチンチャンネルに転送します。実行順序と実行するコンテキストを限定することを保証します。

これで、synchronize は不要となり、すべてのスレッドはフリーです。


protected val updateActor by lazy {
  actor<Update>(UI, capacity = Channel.UNLIMITED) {
    for (update in channel) when (update) {
      Refresh -> updateList()
        is Filter -> filter.filter(update.query)
        is MediaUpdate -> updateItems(update.mediaList as List<T>)
        is MediaAddition -> addMedia(update.media as T)
        is MediaListAddition -> addMedia(update.mediaList as List<T>)
        is MediaRemoval -> removeMedia(update.media as T)
    }
  }
}

// 使い方
suspend fun filter(query: String?) = updateActor.offer(Filter(query))

この例では、実行するアクションを選択する際、sealed クラスを利用しています。


sealed class Update
object Refresh : Update()
class Filter(val query: String?) : Update()
class MediaAddition(val media: Media) : Update()

すべてのアクションはキューとなり、決してパラレルには実行されません。mutable なものを密閉するにはいい方法です。

(つづく)

【Android】Kotlin でモダンな concurrency その1
【Android】Kotlin でモダンな concurrency その2
【Android】Kotlin でモダンな concurrency その3


関連ワード:  androidkotlin開発