@ObsoleteCoroutinesApi とは「様子見」?

スポンサーリンク

Coroutine で Channel 辺りをウロウロと。

あれ?

This declaration is experimental and its usage should be marked with ‘@kotlinx.coroutines.ObsoleteCoroutinesApi’ or ‘@UseExperimental(kotlinx.coroutines.ObsoleteCoroutinesApi::class)’

調べてみる。

From the point of usage `ObsoleteCoroutinesApi` is just like experimental. The different is in intent. When API is experimental it might change or might graduate as is. For obsolete API we already know that there are problems with designs that will force us to deprecated this API in the future when we have a better replacement.

Right now there is no replacement for channel operations, so you have no choice but continue using them. However, we plan to replace them with mechanism based on lazy/cold streams (#254) in the future, which will get you much better performance.

What is the recommended approach for @ObsoleteCoroutinesApi #632

Google翻訳で。

使用の観点からObsoleteCoroutinesApiは実験的なようです。 違いは意図しています。 APIが実験的なものである場合、それは変更されるか、またはそのまま卒業するかもしれません。 時代遅れのAPIについては、より良い代替品があるときに将来的にこのAPIを非推奨にするような設計上の問題があることはすでにわかっています。

今のところチャンネル操作に代わるものはないので、あなたには選択肢がないがそれらを使い続けることができる。 ただし、将来的にはレイジー/コールドストリーム(#254)に基づくメカニズムに置き換える予定です。これにより、パフォーマンスが大幅に向上します。

まとめ


@ExperimentalCoroutinesApi

→ 将来的には、変更される or そのまま。


@ObsoleteCoroutinesApi

→ 設計上の問題がある。

→ 今現在、代替えはない。

→ 将来的には非推奨。

アンダースコアがついてるのはそゆこと?


_events.consumeEach {

チャンネル周りは、今は「様子見」がいいのでしょうね。