YouTube の推奨するショート動画 9:16 を ffmpeg で作成する

「縦長で60秒以内」だけで、アップロードして公開できますが、YouTube の推奨する「アスペクト比 9:16」で見やすい画面で公開したいですよね。



ffmpeg で「動画ファイルのアスペクト比の変更」をやってみます。

動画に写ってる映像のアスペクト比はそのままで保持します。

「余白の追加 (pad)」と「切り抜き (crop) 」することで動画ファイルのアスペクト比を 9:16 にする、という話です。

少しやってみたので書いてみます。

以下は、参考になるエントリーです。

👉 Resizing videos with ffmpeg/avconv to fit into static sized player - Super User hatena-bookmark
👉 video - FFmpeg - scale and pad - Super User hatena-bookmark
👉 リサイズする scale | ニコラボ hatena-bookmark

 

🎞️ 考えられる基本パターン

出来上がりのアスペクト比は、9:16 です。

元動画が縦長であれば、

以下のどちらか。

横長であれば、

以下のどちらか。

というかんじで、

「余白の追加 (pad)」や「切り抜き (crop) 」

をします。

 

🎞️ ffmpeg の video_filter を使う

分かりやすくするために、「縦長」、「横長」といいましたが、実際は、元動画のアスペクト比が「9:16」を超えるか超えないか、が大事になります。

元動画アスペクト比が 9:16 より縦長の場合


ffmpeg -i input -vf "pad=ih*9/16:ih:-1:-1" output


ffmpeg -i input -vf "crop=iw:iw/(9/16)" output

元動画アスペクト比が 9:16 より横長の場合


ffmpeg -i input -vf "pad=iw:iw/(9/16):-1:-1" output


ffmpeg -i input -vf "crop=ih*9/16:ih" output

pad / crop 共に、中心に合わせています。

 

🎞️ もう少し便利に

元画像のアスペクト比は ffmpeg は認識できるので、そこを判別させます。

pad するか、crop するかは、動画内容の目視判断で。


ffmpeg \
  -i input \
  -vf "pad='if(lt(iw/ih,9/16),ih*9/16,iw)':'if(lt(iw/ih,9/16),ih,iw/(9/16))':-1:-1" \
  output


ffmpeg \
  -i input \
  -vf "crop='if(lt(iw/ih,9/16),iw,ih*9/16)':'if(lt(iw/ih,9/16),iw/(9/16),ih)'" \
  output

もし、画像が大きすぎる場合は,",scale=720:1280" など追加して、アスペクト比を保持しながら縮小します。

 

🎞️ まとめ

最初のリンクにあるコードでも意図する 9:16 動画 は作成できたのですが、気持ちが悪いので基本的なとこだけ調べてみました。

video filter を以下の形にまとめておけば、出来上がりの width x height を考慮したスクリプトが自在に書けそうです。


-vf "pad='max(iw,ih*(720/1280))':ow/(720/1280):-1:-1,scale=720:1280"


-vf "crop='min(iw,ih*(720/1280))':ow/(720/1280),scale=720:1280"

今後も、公式マニュアルを見ながら、あれこれやってみたいと思います。

👉 pad - Video Filters - FFmpeg Filters Documentation hatena-bookmark
👉 crop - Video Filters - FFmpeg Filters Documentation hatena-bookmark
👉 scale - Video Filters - FFmpeg Filters Documentation hatena-bookmark
👉 Expression Evaluation - FFmpeg Utilities Documentation hatena-bookmark



👉 YouTubeに縦長動画をどうアップするべきか? hatena-bookmark


関連ワード:  androidappleiosiphoneWEBおすすめツール開発