「Generate Signed Bundle or APK」ダイアログの混乱

スポンサーリンク

このダイアログ。

「アップロード鍵」と「アプリ署名鍵」を同じもので行う場合は、一括で実行できますが、別のもので行う場合は混乱します。

処理自体は以下の3つですが、出力ファイルを考えながら、個別にも実行するのがいいのかもしれません。


A. 「アップロード鍵」または「アプリ署名鍵」を作成する。(.jks)

B. 「アプリ署名鍵」をエクスポートして暗号化する。(.pepk)

C. 「アップロード鍵」で署名した.aab をビルドする。(.aab)

 () : 出力ファイル形式

 

A. 「アップロード鍵」または「アプリ署名鍵」を作成する。(.jks)

 

B. 「アプリ署名鍵」をエクスポートして暗号化する。(.pepk)

 

C. 「アップロード鍵」で署名した.aab をビルドする。(.aab)

まとめ

「アップロードから公開まで一つの署名鍵で署名で行う。」という作業の敷居を下げたユーザー画面設計がここにきて混乱を生んでいるのだろう思います。

なので、

「一つの署名鍵でアップロード・アプリ署名鍵兼用」の場合は、


キーストアや鍵の追加 (.jks) → Android Studio

アプリ署名鍵の暗号化 (.pepk) → Android Studio

.aab ビルドとアップロード鍵署名 (.abb) → Android Studio

.pepk/.abb のアップロード → Play コンソール

というかんじでやって、

「アップロード鍵とアプリ署名鍵を別物にする」場合は、


キーストアや鍵たちの追加や編集 (.jks) → keytool コマンド

アップロード証明書作成 (.pem) → keytool コマンド

アプリ署名鍵の暗号化 (.pepk) → PEPK ツールコマンド

.aab ビルドとアップロード鍵署名 (.abb) → Android Studio

.pepk/.pem/.abb のアップロード → Play コンソール

でやると、よりきめ細かく自在に管理ができそうです。

てか、ややこしいわw

👉 【コピペ用】Android「Google アプリ署名」コマンドまとめ 
👉 はじめての Android App Bundle 
👉 【keytool】「キーストア(keystore)」と「エイリアス(alias)」の関係