Architecture Blueprints の非同期処理実装にみる Android SDK の方向性

スポンサーリンク

MVP、MVVM、Clean Architecture、Dagger2、Data Binding、Archtecture Components などいろいろな組み合わせの実装例が ToDoアプリにて公開されています。

googlesamples/android-architecture: A collection of samples to discuss and showcase different architectural tools and patterns for Android apps.

非同期処理部分を見てみると現在はすべて(todo-mvp-rxjavaを除く)が以下の実装となり、非同期処理の主役であった AsyncTask/Loader API を利用した記述は消え去っています。

まず、java.util.concurrent.Executor(s) を使って、AppExecutors を作っておいて、


open class AppExecutors constructor(
    val diskIO: Executor = DiskIOThreadExecutor(),
    val networkIO: Executor = Executors.newFixedThreadPool(THREAD_COUNT),
    val mainThread: Executor = MainThreadExecutor()
) {

  private class MainThreadExecutor : Executor {

    private val mainThreadHandler = Handler(Looper.getMainLooper())

    override fun execute(command: Runnable) {
      mainThreadHandler.post(command)
    }
  }
}

AppExecutors.kt

それに対応するデータベースやストレージ向けのExecutorを作ります。


class DiskIOThreadExecutor : Executor {

  private val diskIO = Executors.newSingleThreadExecutor()

  override fun execute(command: Runnable) { diskIO.execute(command) }
}

DiskIOThreadExecutor.kt

これらを使って以下のようにして非同期処理を実装します。


appExecutors.diskIO.execute {

  // IOスレッドで実行する
  // ...

  appExecutors.mainThread.execute {

    // メインスレッドで実行する
    // ...

  }

}

実装例では、コールバックを使ってPresenterまで伝達しています。


override fun getTasks(callback: TasksDataSource.LoadTasksCallback) {

  appExecutors.diskIO.execute {

    // IOスレッドで実行する
    val tasks = tasksDao.getTasks()

    appExecutors.mainThread.execute {

      // メインスレッドで実行する
      if (tasks.isEmpty()) {
        callback.onDataNotAvailable()
      } else {
        callback.onTasksLoaded(tasks)
      }

    }

  }
}

TasksLocalDataSource.kt

AsyncTask/Loader APIs の排除の方向性は、「Deprecated(廃止予定) samples」に移動されたブランチからも認識できます。

googlesamples/android-architecture: A collection of samples to discuss and showcase different architectural tools and patterns for Android apps.

この流れについては、droidcon NYC 2017 – Android Architecture Round Table でも、話が挙がっていました。

it looks like Google is abandoning old API is like loaders and recommending patterns there are much less coupled with the framework, which is good but what happens with these API is are we abundant in then and I’m talking about classes like sync adapters loader async tasks etc

Google はLoaderのような古いAPI や フレームワークと関係の薄いパターンを推奨することをやめているように見えます。 それはいいことですが、それら古いAPIを捨てることは何を引き起こすか、AsyncAdapter や Loaderなどについて話したいと思います。

今後の、Android SDKは、フレームワークを意識したAPIが増えていくのでしょう。