【Mac】言語設定をアプリごとに行う

スポンサーリンク

気持ちが悪いですよね日本語名のディレクトリ.

macのつらい日本語ホームディレクトリを英語にする – Qiita

macのホームディレクトリの日本語表記を英語表記に変更する – Qiita

そんな方法があるのだなあ,と思いつつも,OS自体の言語設定は「English」でいいや,と思い過ごしていましたが,

使用するアプリによっては,そのアプリ内には言語の設定はなく,OSの言語設定を見ながらメニューや操作のラベルをその英語で表示する.

複雑なアプリの場合,細かい操作方法をググるとなると英語では辛くなってきた.

やっぱ日本語だよなと,OSの言語設定を「日本語」に戻す.

すると,最近 Google から登場した Backup and Sync がすでに存在する「Google Drive」ディレクトリとは別に「Google ドライブ」ディレクトリを作成してクラウド上から無駄にPC内に重複するファイル群をダウンロードし始める.

当然,前述の「ダウンロード」や「ドキュメント」などの日本語名ディレクトリも復活している.

 

アプリごとに言語設定をする

OSの言語設定は「English」にしたまま,特定のアプリだけ「日本語」設定にする.

TJ-HD Software – Language Switcher

アプリごとにOSで利用可能な言語の中から言語を設定できます.

便利です.

MBP2017-mid/Sierra にて.