史上初のスマホ老人時代に向けての老眼対策 4つの文字拡大設定

スポンサーリンク

たいそうなタイトルですが、

実際、人類初ですよね、スマホの登場からして。

「すでに、ワシは5インチのスマホでは老眼で文字が読めないがのぅ。」

そんなわれらスマホジジイのための拡大系設定が4つあるようです。

拡大操作 – Android Accessibility ヘルプ

実際にAndroid Pie で確認してみます。

4つの拡大方法のうち、どれが使いやすいでしょうか。

1. フォントサイズの変更

フォントサイズを変更します。

1. 端末の設定アプリを開きます。
2. [ユーザー補助]、[フォントサイズ] をタップします。
3. スライダーを使って、希望するフォントサイズを選択します。

フォントサイズの設定は、Google Chrome アプリには適用されません。Chrome アプリでは独自に文字のサイズを管理しています。

小・デフォルト・大・最大の4段階。
アプリによっては、レイアウトが壊れたりします。

2. 表示サイズの変更

画面上に表示されているアイテムのサイズを変更します。

1. 端末の設定アプリを開きます。
2. [ユーザー補助]、[表示サイズ] をタップします。
3. スライダーを使って、希望する表示サイズを選択します。

小・デフォルト・大・特大・最大 の5段階。
フォントとコンテンツレイアウトが同時に拡大・縮小されますのでレイアウト崩れが少ない雰囲気です。

3. トリプルタップで拡大

1. 端末の設定アプリ 設定 を起動します。
2. [ユーザー補助]、[拡大] を開きます。
3. [トリプルタップで拡大] を選択します。

A. ズームインですべてを拡大する
1. 画面(キーボードとナビゲーション バー以外の場所)をトリプルタップします。
2. パン操作を行ったり、ズームレベルを調整したりできるようになります。
– パン操作を行うには、2 本以上の指で画面上をドラッグします。
– ズームレベルを調整するには、2 本以上の指をつまむように近づけたり(ピンチイン)、離して広げたり(ズームアウト)します。
3. 画面をトリプルタップすると、ズームアウトします。

B. 画面を一時的に拡大する
1. 画面(キーボードとナビゲーション バー以外の場所)をトリプルタップして押し続けます。
2. 拡大した領域を移動するには、指で画面上をドラッグします。
3. 拡大を停止するには、指を離します。

トリプルタップが意外に面倒。誤操作も発生したり。

4. ボタンで拡大

1. 端末の設定アプリ 設定 を起動します。
2. [ユーザー補助]、[拡大] を開きます。
3. [ボタンで拡大] を選択します。

A. ズームインですべてを拡大する
1. ユーザー補助機能アイコン をタップします。
2. 画面(キーボードとナビゲーション バー以外の場所)をタップします。
3. パン操作を行ったり、ズームレベルを調整したりできるようになります。
– パン操作を行うには、2 本以上の指で画面上をドラッグします。
– ズームレベルを調整するには、2 本以上の指をつまむように近づけたり(ピンチイン)、離して広げたり(ズームアウト)します。
4. ユーザー補助機能アイコン をタップすると、ズームアウトします。

B. 画面を一時的に拡大する
1. ユーザー補助機能アイコン をタップします。
2. 画面(キーボードとナビゲーション バー以外の場所)をタップして押し続けます。
3. 拡大した領域を移動するには、指で画面上をドラッグします。
4. 拡大を停止するには、指を離します。

直感的に操作ができる気がする。指を離すと拡大が終了する一時的な、のがフツーに使いやすそう。

まとめ

現在のAndroidで文字を拡大する設定は、すべて、

「設定」-「ユーザー補助」

から。


   設定
    ┣ ユーザー補助
        ┣ フォントサイズ (1)
        ┣ 表示サイズ (2)
        ┣ 拡大
            ┣ トリプルタップで拡大 (3)
            ┗ ボタンで拡大 (4)

4つ設定を組み合わせて使うことができるようですが、逆にややこしいか。

私は、まずは「ボタンで拡大」を使っていこうと思います。

とはいえ、アマゾンランキングで人気の老眼鏡でも買ったほうが良くね?