Android 版 Chrome タブのグループ化とグリッド表示

スポンサーリンク

重なってるようなスタック状の表示から、平面的なグリッド表示に更新されています。

初めての方は、一度「すべてのタブを閉じる」と理解しやすくなると思いますが、

アイコンのように画面上でスワイプして重ねることで、「グループ化」できるようになりました。



注意すべき画面のパーツの意味を少し整理してみます。

 

タブグループ

これまでも表示されてたアドレスバー右側の表示。これは、「タブグループ数」となりました。

なので、以下の場合タップすると、4つのタブグループがグリッドで表示されます。

上部にある「+ 新しいタブ」は、「タブが1つの新しいタブグループ」を作成します。

このタブグループ一覧のグリッド表示画面でできることは、


- タブのグループ化

- タブグループの追加

- タブグループの削除

です。タブグループの操作ができます。

 

タブ

サイト閲覧中に画面を下にスワイプして上にスクロールさせると、画面下に以下のようなアイコンバー的なものが現れることがあります。

これは、現在表示しているタブの含まれるグループのタブ数が1以上の場合に表示されます。

現在開かれているタブの含まれるタブグループ内で、


- タブ一覧のグリッド表示

- タブの表示切り替え

- タブの追加

の操作を行うことができます。

 

無効化する

しかし、これ、直感的に操作できます?

リンクをクリックしたときのタブの挙動が想像できますか?

ややこしいので、無効化します。


chrome://flags/#enable-tab-grid-layout

ありがとうございます。

👉 Google Chrome on Android rolling out grid for Tab Groups – 9to5Google 


関連ワード:  androidandroid 10android11Googleおすすめアプリニュース人気ニュース速報便利な設定