@Binds – Dagger2

スポンサーリンク

インターフェースを実装したクラスがあり、それをインターフェース経由でバインドしたいとき、通常以下のようにしてました。


@Module
object BookPresenterModule {
  @Provides @JvmStatic
  fun provideBookPresenter(bookPresenter: BookPresenterImpl): BookPresenter = bookPresenter
}

これは @Inject 付きコンストラクタと一緒に使われるモジュールの一部です。これは、以下のように記述するべきです。


@Module
abstract class BookPresenterModule {
  @Binds abstract fun bindBookPresenter(bookPresenter: BookPresenterImpl): BookPresenter
}

これまでどおり「インターフェースにその実装をバインドしたいとき」に使うことができます。

コード生成がされず、どこからもコールされないのに、きちんと連携情報として利用されるのが良いところです。

Dagger 2.4 で登場したにもかかわらず、なぜか公式ユーザーガイドでは説明されていません。

👉 Release Dagger 2.4 · google/dagger 

以下、公演動画などから学ぶことができます。




関連ワード:  androiddaggerGooglekotlinおすすめ開発