Android Paging Library と Retrofit

スポンサーリンク

例えば、このパターン、Network only。

ここでは、PositionalDataSource を拡張するが、他のタイプのDataSource拡張でも同じ。

compositeDisposable のように viewModelScope をはるばる持ってきたにもかかわらず、


class RemoteDataSource(
  private val coroutineScope: CoroutineScope,
  private val service: RemoteService,
  private val s: String
) : PositionalDataSource<Item>() {

  @ExperimentalCoroutinesApi
  override fun loadInitial(params: LoadInitialParams, callback: LoadInitialCallback<Item>) {
    Timber.d("RemoteDataSource#loadInitial: ${Thread.currentThread().name}")
    ...

loadInitial() 内は、メインスレッドではなく、別スレッドで実行されている。


Timber.d("RemoteDataSource#loadInitial: ${Thread.currentThread().name}")


D/RemoteDataSource: RemoteDataSource#loadInitial: arch_disk_io_0
D/RemoteDataSource: RemoteDataSource#loadInitial: arch_disk_io_1
D/RemoteDataSource: RemoteDataSource#loadInitial: arch_disk_io_3

これらは、Android Architecture Component が作成した独自スレッド。

よって、同期なRetrofitの実行処理で良い、となる。

If I use enqueue with Retrofit 2.3 it will doesn’t work but if i do a .execute() the LiveData is correctly triggered

Retrofit 2.3で、enqueue() を使用しても機能しませんが、execute() を実行するとLiveDataが正しくトリガーされます。

Android Paging Library LiveData> is triggered before the end of the api call

公式リファレンスにも記述はあるという。

To display data from a backend server, use the synchronous version of the Retrofit API to load information into your own custom DataSource object.

バックエンドサーバーからのデータを表示するには、同期バージョンのRetrofit APIを使用して、独自のカスタムDataSourceオブジェクトに情報をロードします。

Network only – Paging library overview

しかし、DiffUtilを使ったリフレッシュなアニメーションが実行されない。

「手間がかかる」でなく「沼にハマる」ことが最近は多くなった。

APIの仕様がおせっかいすぎやしないか。

しきいを下げようとして、余計に混乱させるばかり。

👉 あなたは Android Architecture Component をどう思いますか? 
👉 Fragment と Toolbar の歴史の話 – Qiita 


関連ワード:  androidAndroid StudioGooglekotlinこれはひどい開発