Genymotion 無料版 を入れる 2018

スポンサーリンク

ちょっとした検証をドトールでやるとき、実機を出すのは面倒。

かといって公式エミュレータはいまいち感。

なので、ひさびさに入れてみました Genymotion。


Genymotion Android Emulator | Cloud-based Android virtual devices | Develop – Automate your tests – Validate with confidence

 

個人利用の無料版

公式サイトの分かりづらいとこにしれっとある。

上部の「Help」から、

「Genymotion Desktop」-「Fun Zone」

で。

ライセンスキーは不要。アカウント作成→ログインのみで無料利用可能。

Genymotion For Fun – Free Android Emulator (For Personal Use)

 

VirtualBox

「自分でいれなさい」とリンク付きダイアログで言われた。

Downloads – Oracle VM VirtualBox

入れるだけ。

 

GApps を入れる。

【本当に32ビット?】Android端末の CPU の ABI を特定する

「x86」で入れる。

The Open GApps Project

デバイスのイメージを作成後、開いた画面の上にドラッグ&ドロップ。

 

まとめ

以前他で入れていた VirtualBox の残骸などは一度アンインストールしたほうがネットワーク設定などをしなくていいので楽。

あと、Virtual Box を開いたままで Genymotion にログインしようとすると、ネットワークエラーでできない。

いくつか、他のエミュレータを試したがこれが一番なのは今も?

→ Android Studio エミュレータのネットワーク設定

中華のがよい? ⇣

継続する 5555/TCP ポート宛攻撃通信と ADB が有効化された脆弱な Android エミュレータについて


関連ワード:  androidおすすめツール開発