最小限 の Kotlin を最短で学ぶ

スポンサーリンク

シンプルな記事あったので。

Learn Kotlin for Android in One Day – Mayur Rokade – Medium

1. 変数

変数は「var」。


var username: String = "some user name"

定数は「val」。Java の final と等価。


val API_DELAY_CONSTANT: Int = 100

null で初期化するには「?」。 null を利用可能にします。


var myString: String? = null

static な定数には「companion object」。


class Animal {

    companion object {
        const val DEFAULT_NUM_OF_EYES = 2
    }
}

animal.numOfEyes = Animal.DEFAULT_NUM_OF_EYES

遅れて初期化するには「lateinit」。


lateinit var user: User
lateinit var items: List<String>

2. 関数

これは、public。Int を返します。


fun getNumber(): Int {
    return 1
}

private で引数を渡す場合。


private fun getStringLength(str1: String, str2: String): Int {
    return str1.length + str2.length
}

static 関数。


class MyStringUtil {

    companion object {
        fun getOddLengthString(str: String): String? {
            if (str.length % 2 == 0) return null

            return str
        }
    }
}
var str: String = MyStringUtil.getOddLengthString("hey")

「?」を使って、null を返すことをコンパイラに伝えています。

3. ループ と when

コレクションである items に「in」で。


var items: List<String> = ArrayList<String>()

for (item in items) {
    // do something with item
}

インデックスにアクセスすることもできる。


for (index in items.indices) {
    // access items using index
    // items.get(index)
}

Java の switch は、Kotlin では「when」。


// A cool example of when statement
fun describe(obj: Any): String? {
    var res: String? = null

    when (obj) {
        1 -> { res = "One" }         // if obj == 1
        "Hello" -> res ="Greeting"  // if obj == "Hello"
        is Long -> "Long"            // if obj is of type Long
        !is String -> "Not string"   // if obj is not of type String
        else -> {
            // execute this block of code
        }
    }

    return res
}

4. Null 安全

Java で NPE を避ける場合。if で。


if (person != null && person.department != null) {
    person.department.head = managersPool.getManager()
}

Kotlin では「?」を使って、if を省くことができる。chain可能。


person?.department?.head = managersPool.getManager()

null の場合を処理したいときは「?:」を使う。


var name = person?.name ?: throw InvalidDataException("Person cannot be null.")

5. クラス

「open」で継承可能。なければ, Java の final class と同じ。


open class Animal {
    // This class is open and
    // can be inherited
}

class Dog : Animal() {  // Notice the paranthesis
    // Class dog is final and
    // can't be inherited
}

// Compiler throws error
class Labrador : Dog {

}

6. シングルトン

「object」を使う。


object Singleton {
    var name: String = "singleton object"

    fun printName() {
        println(name)
    }
}

// later in the code
Singleton.name
Singleton.printName()

7. インターフェース

インターフェースの継承は直感的に。


interface Named {
    fun bar()
}

interface Person : Named { // Person inherits Named
    fun foo()
}

class Employee() : Person {
    override fun bar() {
        // do something
    }

    override fun foo() {
        // do something
    }
}

関数に渡す場合は少し違う。


// A function that accepts and interface as a parameter
private fun setOnClickListener(listener: View.OnClickListener) {
    // do something
}

// Passing an interface to the function
setOnClickListener(object : View.OnClickListener{
    override fun onClick(view: View?) {
        // do something
    }
})

8. 型チェックとキャスト

「is」や「!is」を使う。


if (obj is String) {
    print(obj.length)
}

if (obj !is String) {
    print("Not a String")
}

「as?」を使って例外を避けてキャスト可能。失敗時には null を返す。


val x: String? = y as? String

9. 例外

Java とほぼ同じ。


throw Exception("Hi There!")

try {
    // some code
}
catch (e: SomeException) {
    // handler
}
finally {
    // optional finally block
}

まとめ

重要な最小限の部分からきちんと学んでいくこと大事。

– Resources to Learn Kotlin  |  Android Developers
– Kotlin で FizzBuzz
– 「Fragment を利用するか、しないか」という話


関連ワード:  androidAndroid Studiokotlinおすすめ初心者開発