サポートライブラリのバージョンを常に一発で揃える

スポンサーリンク

こんなのでました。

All com.android.support libraries must use the exact same version specification (mixing versions can lead to runtime crashes). Found versions 27.1.0, 27.0.2. Examples include com.android.support:animated-vector-drawable:27.1.0 and com.android.support:cardview-v7:27.0.2 less… (⌃F1)
There are some combinations of libraries, or tools and libraries, that are incompatible, or can lead to bugs. One such incompatibility is compiling with a version of the Android support libraries that is not the latest version (or in particular, a version lower than your targetSdkVersion.)

「com.android.support:*」のバージョンは統一しておく必要があるのでしょうが、「利用しているサポートライブラリのバージョンが違う」ということなのでしょうか。

 

依存関係の確認


$ ./gradlew app:dependencies

大量の依存関係の出力から細々と見ていきます。

という感じで古いサードパーティのライブラリなどから、

「うまくバージョンを推移させながら参照できない。」

ということなのでしょう。

 

すばやく特定する

現在の最新バージョン「27.1.0」に揃えます。

行数が多くて面倒なので、grep や sort など使って推移解決できてないものを特定します。


$ ./gradlew app:dependencies | grep com.android.support: | grep -v 27.1.0 | sort | uniq
|    +--- com.android.support:customtabs:27.0.2 (*)
|    \--- com.android.support:cardview-v7:27.0.2 (*)
|    |    +--- com.android.support:cardview-v7:27.0.2
|    |    +--- com.android.support:customtabs:27.0.2

となり

「com.android.support:customtabs」
「com.android.support:cardview-v7」

の2つであることがわかります。

この2つを build.gradle にて追加明示してあげて、sync で赤線消えます。

しかし、これもだるいですね!

 

 

Gradle ResolutionStrategy を使う

この件はサポートライブラリに関してよく遭遇するので、細かく見る方法を覚えておきながら一括な定型にしておきましょう。

force で個別よりグループまとめれば簡単でしょうか。


// build.gradle (project)

// ...

allprojects {

  // ...

  // Force all of the primary support libraries to use the same version.
  configurations.all {
    resolutionStrategy {

      // force "com.android.support:support-annotations:${versions.supportLibrary}"
      // force 'com.google.code.findbugs:jsr305:3.0.0'

      eachDependency { details ->
        if (details.requested.group == 'com.android.support') {
          details.useVersion versions.supportLibrary
        }
      }
    }
  }
}

↓ 基本的なバージョン記述は前回より

あなたの build.gradle バージョン記述、きもいです。

ResolutionStrategy – Gradle DSL Version 4.6

All com.android.support libraries must use the exact same version specification – Stack Overflow


関連ワード:  androidAndroid Studiogradleおすすめアプリライブラリ便利な設定開発