新しくなった Gradle Tips and Recipes : 各ソースセットの配置の確認

スポンサーリンク

新しくなってます, Gradle Tips and Recipes .

Gradle Tips and Recipes | Android Studio

Gradle が利用するディレクトリ

それぞれ指定できるのはなんとなく知っていたが.


android {
  ...
  sourceSets {
    main {
      java.srcDirs = ['other/java']
    ....

これらの記述無し無指定のデフォルトの場合はどのディレクトリが利用対象になっているのか.

ドキュメントやツールスクリプトなど,

Git に登録して管理はしたいが, アプリ自体に影響ない位置はどこなのか??

と思っていましたが.

Configure Build Variants | Android Studio

右上 [Gradle] タブから以下ダブルクリックで実行.

MyApplication > Tasks > android > sourceSets

Gradle が認識している対象ディレクトリ群が Gradle Console に出力される.


------------------------------------------------------------
Project :app
------------------------------------------------------------

...

debug
----
Compile configuration: compile
build.gradle name: android.sourceSets.debug
Java sources: [app/src/debug/java]
Manifest file: app/src/debug/AndroidManifest.xml
Android resources: [app/src/debug/res]
Assets: [app/src/debug/assets]
AIDL sources: [app/src/debug/aidl]
RenderScript sources: [app/src/debug/rs]
JNI sources: [app/src/debug/jni]
JNI libraries: [app/src/debug/jniLibs]
Java-style resources: [app/src/debug/resources]

これで, AndroidStudio でファイルを操作しながらの Git 管理しても安心です.

他にもあれこれ小技がのっていますよ, このレシピ.


関連ワード:  androidAndroid Studiogradleおすすめアプリツールライブラリ便利な設定開発