Android Studio の設定で「バージョン」の記述してるとこありすぎね?

スポンサーリンク

あちこちに, 似たようなバージョン的な記述あります Android Studio.

build_gradle

Project_Structure

プロジェクトの改修や移動などで変更しなければならないとき

どこを編集したらいいのか.

いや, 同期されるのか

いや, 優先順位が決まっているのか

どうなのか よくわかりません.

項目もたくさんあります.

どんなのあるか並べてみます.

Default Settings

[Quick Start]-[Configure]-[Project Default]-[Settings]
[File]-[Other Settings]-[Default Settings]

+ Compiler
  + Java Compiler
    + Project byte code version(JDK Default(1.7))

Preferences

Default Project Structure

[Quick Start]-[Configure]-[Project Default]-[Project Structure]
[File]-[Other Settings]-[Default Project Structure]

+ Project Settings
  + Project
    + Project SDK(Android API 19 Platform)
    + Project language level(7.0 - Diamonds, ARM, multi-catch etc.)
+ Platform Settings
  + SDKs
    + Build target(Android 2.3.3)
  + JDK location(/Library/Java/JavaVirtualMachines/jdk1.7.0_51.jdk/Contents/Home)

Project_Structure
Project_Structure 2

Project Structure

[File]-[Project Structure]

+ Project Settings
  + Modules
    + Properties
      + Android Plugin Version(0.9.1)
      + Compile Sdk Version(19)
      + Build Tools Version(19.0.3)
    + Dependencies
      + (com.android.support:support-v4:19.0.0)
      + (com.android.support:appcompat-v7:19.0.0)
      + (com.google.android.gms:play-service:+)
+ Platform Settings
  + Android SDK
    + JDK location(/Library/Java/JavaVirtualMachines/jdk1.7.0_51.jdk/Contents/Home)

Project_Structure

AndroidManifest.xml

<uses-sdk
    android:minSdkVersion="9"
    android:targetSdkVersion="19" />

build.gradle

buildscript {
    dependencies {
        classpath 'com.android.tools.build:gradle:0.9.1'
    }
}

android {
    compileSdkVersion 19
    buildToolsVersion '19.0.3'
    defaultConfig {
        minSdkVersion 9
        targetSdkVersion 19
    }
    compileOptions {
        sourceCompatibility JavaVersion.VERSION_1_7
        targetCompatibility JavaVersion.VERSION_1_7
    }
}

dependencies {
    compile 'com.android.support:support-v4:19.0.0'
    compile 'com.android.support:appcompat-v7:19.0.0'
    compile 'com.google.android.gms:play-services:+'
}

設定項目やエラー後に再設定しようとしても, 今度は, 設定画面にたどりつけなかったりします.

面倒なので表にしてみます.

バージョンの設定_-_Google_スプレッドシート

いえるのは「minSdkVersion」が設定できるのは「AndroidManifest.xml」のみ

少し並べ方を変えてみる.

バージョンの設定_-_Google_スプレッドシート

なんかよくわからないので, バージョン数字で並び替えてみる.

バージョンの設定_-_Google_スプレッドシート

「Default」はあくまで「デフォルト」なので, 最新にしておくなり, 安定なものにしておくとして「Project Structure」 と 「build.gradle」を同期するのが Gradle Sync ボタンなのだろうと直感的に思ったり.

最近は, build.gradle を編集すると上部に以下のように表示されるので忘れることはない, のでどうでもいいか.

build_gradle

まとめ

・Java(JDK)の設定は, 「Default」に, お好みで最新版にするなり, 安定版にセットしておく.

・build.gradle や AndroidManifest.xml は自在に書き換えていく.

・うまくいかないときの確認は, 上部メニュー [File] から [Project Structure] な部分を確認する.
また,「Default」な設定も [Other Settings] から入れる.

Other_Settings_と_File

Android-Studio dependencies のバージョン記述を「+ (プラス) のみ」で常に最新バージョンに対応させる


関連ワード:  androidAndroidStudiogradleツールライブラリ初心者開発