Googleから決済APIサービスがついに登場!! - Google In-App Payments API for the Web

スポンサーリンク

手数料の高さが問題だった決済系API。

多くのサイトがいろいろなサービスに

通信APIを利用しながら作られておりますが

 

ついにGoogleから登場です。

 

 

概要 - Google In-App Payments API for the Web - Google Code 

 

 

決済手数料が決済料金の5%と非常に安い点は大きな特徴で、残りの95%がデベロッパーの取り分となります。

 

Chrome Webブラウザに依存した部分はなく、通常のJavaScriptによるサーバとのやりとりとなっているので、FirefoxやInternet ExplorerなどChrome以外のWebブラウザでも利用可能なようです。

 

利用者もクレジットカードの情報が手もとにあれば決済可能で、GoogleのアカウントやGoogle Checkoutに登録しなければ利用できないといったハードルはない模様です

 

Webアプリをマネタイズする「Google In-App Payments」が国内でもスタート。手数料わずか5% - Publickey 

 

なんか、簡単で手数料5%とか!!

内容をみてみます。

 

今回は、日本語でもリファレンスがわかりやすく

まとめられています。

 

スタート ガイド - Google In-App Payments API for the Web 

 

リファレンス - Google In-App Payments API for the Web 

 

サンプル - Google In-App Payments API for the Web 

 

各プログラミング言語別のサンプルコードや

実際にブラウザ上から動きを確認できるサンドボックスなど

公開当初から、十分に力を入れて仕上げてきた雰囲気にみえます。

 

課金部分のユーザ側の使い勝手は

ケータイ上でキャリア課金によってソーシャルなアプリが爆発したように

WEBサービスを展開していく上で大きな意味をもっています。

 

今度は、既存決済系サービス事業者が

がんばらなければいけないことになってきますたよ。

 


関連ワード:  androidGoogleWEBおすすめこれはすごいツールニュース評判開発