KMM まとめ 速報 - Kotlin Multiplatform Mobile 【#ios | #android】

スポンサーリンク

このページは随時更新していくページです。

まずは、2022年 Stable版リリースまで追っていきます。

開発時に使えるだろう記事をフォーカスしてまとめておきます。

連絡などは Twitter や Facebook の DM でどうぞ。

KMM まとめ 速報 ( Kotlin Multiplatform Mobile )【#ios | #android】



おすすめ

Googleは、この状況を改善するために、すべてのKotlinターゲットのための適切なマルチプラットフォームの成果物として、Composeランタイムを出荷すべきです。残念ながら、彼らのKotlinマルチプラットフォームの話は、コミュニティのニーズから数年遅れており、これがすぐに実現する見込みは非常に低い。

👉 Multiplatform Compose and Gradle module metadata abuse - Jake Wharton 

 

- New KMM library project wizard.
- Support for the new type of KMM library distribution: XCFramework.
- Enabled HMPP for new KMM projects.
- Support for explicit iOS targets declaration.
- Enabled KMM plugin wizards on non-Mac machines.
- Support for subfolders in the KMM module wizard.
- Support for Xcode Assets.xcassets file.
- Fixed the plugin classloader exception.
- Updated the CocoaPods Gradle Plugin template.
- Kotlin/Native debugger type evaluation improvements.
- Fixed iOS device launching with Xcode 13.

👉 KMM plugin releases | Kotlin 

クロスプラットフォームモバイル環境向け SDK の Kotlin Multiplatform Mobile(KMM)は、2020年8月にアルファ版として公開されました。

👉 アルファ版以降の KMM 新着情報 | The Kotlin Blog 

公式

👉 アルファ版以降の KMM 新着情報 | The Kotlin Blog 
👉 Kotlin Multiplatform Mobile がアルファ段階に移行 | The Kotlin Blog 
👉 Kotlin Multiplatform Mobile | Kotlin 

その他

👉 5分でわかる、Kotlin Multiplatform Mobile (KMM) 
👉 KMMでiOS・Android
を共通化しよう - dely tech blog 
👉 KMMというもう一つの選択肢 | bravesoft blog 
👉 Kotlin Multiplatform Mobile(KMM)がベータへ。コンカレント処理でのメモリリークフリー、iOSエコシステムとの連携強化など - Publickey 

実際に確認してみる

👉 AndroidStudio 利用する Java (JDK) の選択・設定の方法 
👉 Mac に Homebrew で OpenJDK11 を インストール する 

(このページは随時更新していくページです。)