【Playストア】今現在のアプリ更新時の審査日数を調べる方法

スポンサーリンク

アプリ更新後のリリースされるタイミングをスクリプトで検知したりしていましたが。



👉 Play ストアから現在公開中のバージョンを取得する 
👉 macOS でスクリプトから通知を出す。 

この公開されるまでの時間が長くなったのは、コロナ禍の影響なのか、審査を細かく見るようになったからか、何なのか。


気になったので少し調べてみました。

アプリ名 アップロード日 ストア公開日 所要日数
YouTube 2/10 2/13 3
Amazonショッピング 2/2 2/10 8
Amazonプライムビデオ 2/8 2/10 2
ツイキャス 2/10 2/11 1
TouTubeStudio 2/3 2/10 7
Spotify 2/8 2/9 1
Googleカレンダー 2/1 2/9 8
Twitter 2/8 2/9 1
Google Keep 2/1 2/9 8
ABEMA 2/4 2/9 5
Googleフォト 2/9 2/9 0
メルカリ 2/4 2/9 5
インスタ 2/7 2/8 1
Facebook 2/12 2/13 1
Googleマップ 2/3 2/6 6
Googleドライブ 2/4 2/8 4
Google 2/4 2/7 3
Tver 2/3 2/4 1
Google Fit 1/31 2/4 4
Chrome 2/1 2/4 3
SpeedTest 1/19 2/3 15
Gboard 2/1 2/2 1
ニコ生 1/26 1/31 5

 

調べ方

Google Play ストアアプリで、右上アカウントから、


[アプリとデバイスの管理]

  ↓

[最近の更新を見る]

  ↓

[最近更新したアプリ]

たとえば、アプリ「ツイキャス」で見てみると、

【Playストア】今現在のアプリ更新時の審査日数を調べる方法

今現在が、2/15 なので、審査が終わって、ストアに公開されて、端末が検知して、更新したのが「4日前」の「2/11」。

タップして詳細画面へ。

【Playストア】今現在のアプリ更新時の審査日数を調べる方法

開発者は分かってると思うが、「最終更新」は更新内容をアップロードしたタイミング。

この場合は「2/10」。

よって、

アップロード日 : 2/10
ストア公開日 : 2/11

となり、この2つの差の所要日数の「1日間」が審査日数に近いはず。

Playストアのアプリのキャッシュの影響などもあるのだが、頻繁に手動でアプリ更新をしていれば精度は上がる。

まあ、機種、OSバージョン別パッケージなどの話はあるが、全体的な雰囲気は分かる。

 

まとめ

上の表を眺めていると、アプリのカテゴリーで審査のスピードが違うような、なんとなくだが。

SNS、動画、音楽、ライブ配信
→ 3日以内

それ以外は大体1週間前後。


しかし、私のアプリはなぜそんなに時間がかかったのか。

ゴミアプリだからですか、すいません。