【Dagger】@Provides vs @Binds

スポンサーリンク

久々に Dagger を使うとかなりの不自由感。

細かく咀嚼しないと全体は理解できない感じなので、まずはこのタイトルから。

少し、細かくシリーズ化してみますが。

👉 Dagger 2 @Binds vs @Provides – Elye – Medium 

👉 Why is @Binds different from @Provides? – Frequently Asked Questions 

Android が登場してから10年程度ですが、経緯というか、伝統というか、歴史というか。

そういうの嫌いだけど、そういうのを理解しようとしないと、その対象に対しての初心者は辛い時期になってるのだろうと思う。

Toolbar / ActionBar もそうでしょう?

シンプルにググるだけでは良いコードには辿り着けません、

この、Dagger2 2019-08-15現在 もそれと同じ雰囲気なのでしょう。

以下、上記リンクより引用。

@Binds methods must have only one parameter whose type is assignable to the return type

So only a single parameter, and the type return is typically the interface of the given parameter object.

Having said that, the other tips is consider using static function for @Provides which would help also reduce some generated codes.

@Bindsメソッドには、戻り値の型に割り当て可能な型のパラメーターが1つだけ必要です

そのため、1つのパラメーターのみが返され、型の戻り値は通常、指定されたパラメーターオブジェクトのインターフェイスです。

そうは言っても、他のヒントは、生成されるコードを減らすのに役立つ「@Provides」の「静的」関数の使用を検討することです。

@Provides, the most common construct for configuring a binding, serves three functions:
1. Declare which type (possibly qualified) is being provided — this is the return type
2. Declare dependencies — these are the method parameters
3. Provide an implementation for exactly how the instance is provided — this is the method body

While the first two functions are unique and critical to every @Provides method, the third can often be tedious and repetitive. So, whenever there is a @Provides whose implementation is simple and common enough to be inferred by Dagger, it makes sense to just declare that as a method without a body (an abstract method) and have Dagger apply the behavior.

But, if we were to just say that abstract @Provides methods should be treated as we do for @Binds methods, the specification of @Provides would basically be two specifications with a bunch of conditional logic. For example, a @Provides method can have any number of parameters of any type, but a @Binds method can only have a single parameter whose type is assignable to the return type. Separating those specifications makes it easier to reason about correctness because the annotation determines the constraints.

バインディングを構成するための最も一般的な構成要素である@Providesは、3つの機能を提供します。
 1.どのタイプ(修飾されている可能性がある)が提供されているかを宣言します—これは戻りタイプです
 2.依存関係を宣言します—これらはメソッドのパラメーターです
 3.インスタンスが提供される方法を正確に実装します—これはメソッド本体です

最初の2つの関数は一意であり、「すべての@Provides」メソッドにとって重要ですが、3番目の関数は多くの場合、退屈で反復的です。そのため、実装がDaggerによって推論されるほど単純で一般的な@Providesが存在する場合はいつでも、それを本体のないメソッド(抽象メソッド)として宣言し、Daggerに動作を適用させることが理にかなっています。

しかし、abstract @Provides methodsを@Binds methodsのように扱うべきであると言うだけなら、@Providesの仕様は基本的に条件付きロジックの束を持つ2つの仕様になります。たとえば、@Provides methodは、任意の型の任意の数のパラメーターを持つことができますが、a @Binds methodは、型が戻り型に割り当て可能な単一のパラメーターのみを持つことができます。これらの仕様を分離すると、注釈によって制約が決定されるため、正確性についての推論が容易になります。

まとめ

kotlin でいうとこの

1. 基本 @Binds を使う。
2. Application 起動の object の場合(static な singleton メソッドの場合)は @Provides を使う。

という理解でいいのか。

👉 ATM – Dagger Tutorial