【Homebrew】git が2つある場合 【macOS】

スポンサーリンク

git homebrew macos

👉 Re-installing Git on Mac OSX with Brew 

状況確認


~ % which git
/usr/local/bin/git

~ % git --version
git version 2.33.0

~ % which -a git 
/usr/local/bin/git
/usr/bin/git

~ % for i in $(which -a git); do echo -n "${i}:  "; ${i} --version; done
/usr/local/bin/git:  git version 2.33.0
/usr/bin/git:  git version 2.32.0 (Apple Git-132)

~ %  cat /etc/paths
/usr/local/bin
/usr/bin
/bin
/usr/sbin
/sbin

~ % sudo rm -rf /usr/bin/git
Password:
rm: /usr/bin/git: Operation not permitted

私の mac には2つの git パッケージがインストールされている。


sudo rm -rf /usr/bin/git wont work for El Capitan due to SIP restriction

削除しようとしても macOS側の git は消せない。

通常、残しておくしかない。

対応方法

実行するときの git を Homebrew側に向けておく必要がある。

以下3つのどれかを、bash でも zsh でも起動スクリプトに追加する。


export PATH=$PATH:/usr/local/bin/git


export PATH=/user/local/bin:$PATH


alias git="/usr/local/bin/git"

AndroidStudio の git 不具合のときに少し気になったのでメモ。

👉 Cannot Run Git : Cannot identify version of git executable: no response – on startup 


関連ワード:  amazonapplemacおすすめ開発