顔文字パック が Twitter で使えない

スポンサーリンク

2014-10-28 追記

公式Twitterアプリの更新によりマッシュルーム経由の書き込みが可能になりました.

今も書き込めない人は, 公式Twitterアプリを更新すれば可能になります.

Twitter - Google Play の Android アプリ

よって, 以下は, 過去の出来事の記録となります.

状況

2014-8-14 頃から 公式ツイッターアプリの更新により

「顔文字が入力できなくなった」

とのコメントやメールをたくさん頂いております.

内容を確認しますと, 公式Twitterアプリ には,

「マッシュルームを利用した入力ができない」

ということのようです.

他のマッシュルームを利用したアプリでもこの状態は発生しています.


回避策

日本語入力アプリである Simeji や POBox などのマッシュルーム, ATOK の ATOKダイレクトなどは使えなくなっています.

回避するには以下の方法が考えられます.

1. Twitter 入力欄にて,「長押し」による貼り付けを行う.
2. 非公式のTwitterアプリを使う.
3. 顔文字キーボードアプリを使う.

どれも少し面倒なのですが, 公式Twitterアプリを使う限りはそんな雰囲気です.

顔文字パックでは, 1.の長押しに対応しています.

マッシュルームで反映されない時は, すぐ試してみるとよいです.

「長押し」を利用するときは, 「通知バーからの起動」や「最近利用したアプリ」ボタンを利用して切り替え, 入力している行の高さで「長押し」するとやりやすいです.

20140824-173657

20140824-174141

また 3.日本語入力アプリ切り替えによる公式ツイッターアプリへの入力対応も行っております.

20140822-213118

少し面倒かもしれませんが, 慣れればかんたんです.

顔文字パックの使い方ページで, 公式Twitter アプリへの入力方法動画も参考にしてみてください.

「顔文字パック」の使い方