なぜ ahamo は 5Gエリアで4G通信に切り替わるのか。

スポンサーリンク

ahamo + Pixel5 で、5Gエリアで通信すると4Gに切り替わる。


👉 サービスエリアマップ | 通信・エリア | NTTドコモ 

5Gエリアのど真ん中で画面右上の表示が「5G」に変わったので計測を開始する。

計測が始まったと同時くらいから表示が「4G+」となって計測終了。

これって、

5G通信できてなくね?!

他の5Gエリアでも同様に切り替わります。

 

まとめ

調べてみるとこんな。

RAT表示(ピクト表示)

5G通信の可能性のあるエリア内で、待受時のRAT表示は「5G」となりますが、通信時は「4G」または「LTE」となる可能性があります。

※ 仕様であり、故障ではありません。

なぜこうなるの?

ノンスタンドアローン方式を用いていることから、待受時のRAT表示は5G通信の可能性のあるエリアにいるときに「5G」となりますが、通信時は5G通信しているときに「5G」となります。

👉 5Gのご契約とご利用機種に関するご注意事項 | 通信・エリア | NTTドコモ 

完全な5Gに向けての過渡期なのですね。

5Gエリアでも「4G+」(eLTE)での通信ということか。

しかし、今の「エセ5G」の実力ってこんなものなの?
→ 「308Mbps」

👉 ドコモ 5G 通信速度 どれぐらい? 

当分、「ahamoで5G」の調査は続きます...

👉 Pixel 5 / 4a(5G) / 4a で ahamo は使えるのか | #Android Fashion News Σ(^A^;)