あみだくじを罫線で書く

スポンサーリンク

実際に罫線で書いてみる。


┃┃┃┃┃┃┃┃┃┃┃┃┃┃┃┃┃┃┃┃
┃┣┫┃┃┃┃┃┣┫┣┫┃┃┃┃┃┣┫┃
┣┫┣┫┃┃┃┃┣┫┣┫┣┫┃┣┫┃┣┫
┃┃┃┃┃┃┃┃┣┫┃┃┃┃┃┃┃┃┣┫
┣┫┣┫┣┫┣┫┣┫┣┫┣┫┣┫┣┫┣┫
┃┃┃┣┫┃┃┃┃┃┣┫┃┣┫┃┃┣┫┃
┃┃┃┃┣┫┃┃┃┣┫┃┃┃┃┃┣┫┃┃
┃┣┫┃┃┃┣┫┃┃┃┃┃┣┫┃┃┣┫┃
┣┫┣┫┃┃┣┫┃┃┃┣┫┣┫┃┃┃┃┃
┣┫┃┃┃┃┃┣┫┃┃┃┃┃┃┃┃┣┫┃

書いてみて分かるのは、

「┣┫」と「┃」

の二種類の文字列の組み合わせだけで構成されているということ。

Kotlinで。


val n = 20
val l = 10

repeat(l) {
  val ch = (0..n/2).shuffled().first()
  val ci = n - (ch * 2)
  val h = List(ch) { "┣┫" }
  val i = List(ci) { "┃" }
  val a = h.plus(i).shuffled()
  println(a.joinToString(""))
}

一つの「きまりごと」を発見するとコードは劇的に短くなる。

分岐がないコードはスッキリする。

Kotlin で FizzBuzz


関連ワード:  androidkotlin初心者開発