【歩きスマホは危険】スマホ画面見ながら前方(進行方向)をみるアプリ

スポンサーリンク

「歩きスマホ」は危険ですよね。

国土交通省によると、携帯電話やスマートフォンを操作していて駅のプラットホームから転落する事故は、2010年度は11件、2011年度は18件、2012年度は19件(転落者数の0.6%だが、36.2%にあたる1,185人は「その他、不明」で、また、同省の担当者は「酔客は酔っているから自分では線路から上がれず、駅員が助けるから転落の事実がわかるが、歩きスマホで転落する者は自分で上がってしまい、自ら駅員に『スマホのため』とは告げないため、不明に入っているか、件数に上がっていない可能性がある」と指摘)、2013年度は45件と、年々増加している。

歩きスマホ – Wikipedia

ほぼほぼ、スマホの背面カメラは前方(進行方向)を向いています。

なら、スマホにそれを表示しておいたらどうだろうかというアプリ。

Camera Preview – Apps on Google Play

ロングタップで「ピクチャインピクチャ」モードです。

アプリを操作しながらその上にカメラ画像を表示できます。

ただ、カメラ画面を表示しているだけですが、

いろいろ使えそうです。

けど、ホントにそんなにおまいら忙しいか?

危ねえからやめなさい!


関連ワード:  androidアプリ